Deccaより世界配信:新垣隆・交響曲「連祷 -Litany」ユニバーサル・ミュージックより11月16日リリース決定。

Deccaより世界配信:新垣隆・交響曲「連祷 -Litany」ユニバーサル・ミュージックより11月16日リリース決定。

「私はあらためてもう一度オーケストラ曲を書かなければならないと思った。私自身の意思で、私の名に於いて」

作曲家・新垣隆の新作交響曲が完成、世界にネットワークをもつユニバーサル・ミュージックより11月16日リリースが決定した。交響曲 第1番<HIROSHIMA>から実に13年振りの交響曲となる本作品に、作曲家としての全精力を注ぎ、音楽に真摯に向き合う。今作はクラシックの世界的名門レーベル、Deccaより世界配信が決定しており、新垣隆はこの作品で新たな作曲家人生をスタートさせ、世界に羽ばたいていく。

今作Deccaからの世界配信に関してDecca担当のマネージング・ディレクター、ドクター・アレクサンダー・プールは「新垣隆の新作シンフォニーは非常に迫力があり、さらに深みがある。複雑な構成、絶え間なく変化する音色そしてとても直接的な感情の融合により、<Litany>はこの素晴らしい日本の作曲の独自な声で対話している。この音楽は私にとても強い印象を残した。皆さんにも同様に感じてもらえると嬉しい」とコメントを寄せた。

<収録予定曲>

◆交響曲《連祷 -Litany-》:新垣隆

◆ピアノ協奏曲《新生》:新垣隆

◆流るる翠碧:新垣隆

ピアノ、指揮:新垣隆

東京室内管弦楽団

録音:2016年9月15日、福島市音楽堂 (Live Recording)

cover5のコピー